最近の歯医者は耳鼻科や眼科などで使われてきたマイクロスコープを使用して治療を行う歯医者も増えてきています。
マイクロスコープを使うと肉眼では確認することができなかったものまで確認できるようになるので、精密で高度な治療を行うことができるというメリットが生まれます。

Yahoo!知恵袋情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

また、マイクロスコープを使うことによって患者さん側もCCDカメラなどを使って自分の歯の状態を確認できるというメリットもあります。

虫歯を治すためには歯医者に行って治療を行わないといけませんが、虫歯があっても治療を行わずにそのままにしてしまっている人がいます。



虫歯をそのままにしていると最初の頃は虫歯による症状は特に何も感じないことが多いですが虫歯の進行はどんどん進んでいくのでその内に歯に強烈な痛みを感じたり、冷たい飲み物を飲んだときに歯がしみたりする症状が出てきます。

さらに虫歯の進行が進んでくると今度は歯を溶かしてしまって、虫歯の菌が顎の骨にまで入り込んでさらに痛みを引き起こしてしまいます。


市販の薬にも歯の痛み止めは売っていますが市販の薬を飲んで痛みを一時的に抑えたとしても薬の効果は一時的でしかないので、薬が切れればまた痛みがぶり返してきます。

虫歯を悪化させないためにも虫歯がある場合には、必ず歯医者で治療してもらって虫歯を治してもらう必要があります。

最近では虫歯治療も患者さんが安心して治療を受けられるように無痛治療が主流になっているので、痛みをほとんど感じずに虫歯を治してもらうことが可能になっています。

今よりもマイクロスコープのある歯医者との上手な付き合い方をお知らせします。