インプラントを失った歯の代わりに埋め込むためには、手術が必要になってきます。

このインプラント手術をすることによって、様々なメリットがたくさんありますが、手術に失敗するということも全くないわけではないので、手術によるリスクも理解した上で手術にのぞむことが大事になってきます。

そこで、インプラント手術における失敗しやすい例としては、まず手術をしているときの血管や神経の損傷を挙げることができます。


もしも、神経を損傷してしまうと、麻痺したり、感覚異常などの合併症が生じる恐れがあります。

血管に関しては、大量に出血を起こしてしまうことがあります。

お手軽にインプラントの費用のマニアックな情報をお届けします。

しかし、最近ではCTで撮影をして、立体的に口の中を把握することができるようになってきていますから、このようなリスクは少なくなっているということが言えます。
次に、上顎の粘膜が損傷したり、炎症するリスクがあります。

このリスクは特に骨が十分にない人がなりやすいといわれており、場合によっては感染を引き起こすこともあります。次に、手術後の感染のリスクを挙げることができます。インプラント手術の場合、直後に腫れることはありますが、この腫れはある程度時間が経過すれば引いていくことになるので、通常は問題がありませんが、細菌感染を起こしている場合もあります。

wikipediaの情報をご案内しているサイトです。

そのような場合は、抗生剤の追加投与や場合によってはインプラント自体を除去する必要があります。

感染のリスクを減らすために、手術の際には清潔な環境で行うことが重要になってきます。