毎日歯磨きをしていても、歯石や歯垢などの歯の汚れはきれいに落としきれていないことが多いですが、歯医者がすすめる歯の磨き方を覚えるだけで、いつもの歯磨きよりも歯の汚れを落とすことができるようになります。

歯医者がすすめる正しい歯の磨き方はまず、はじめは上の歯全体をブラッシングしますそして上下の前歯の前と後ろ、下の歯全体、下の歯の臼歯の頬側、舌側、咬合面、反対側の臼歯の頬側、舌側、咬合面、上の臼歯の頬側、舌側、咬合面、反対の臼歯の頬側、舌側、咬合面といった感じで磨きます。
これは一例なので、自分の磨きやすい順番で全ての歯を磨くようにすると良いです。


基本的には2本ずつ、10回から20回のブラッシングを目安にします。

引っ込んでいるはや傾きのあるはなどは1本ずつ磨くようにしましょう。上の歯の内側や下の歯の内側はは歯ブラシを縦に持って先端部の毛さ気を使うようにしましょう。
上の奥歯や下の奥歯の頬側は口を閉じ加減にして、歯ブラシを横にし歯並びにあわせて磨きます。



奥歯の一番後ろも歯ブラシの先端部の毛先を当てて磨き、奥歯の内側は口を大きく開いてブラシを斜めに入れるようにして磨きましょう。

渋谷の歯医者に関する特集の情報が満載です。

鏡を見ながら行うようにすると良いです。

今、話題の東洋経済を検索してみてください。

歯磨きの手順は普通の歯ブラシでも伝道はブラシを使っても同じです。

歯医者がすすめる歯磨き方法をきちんと行うと普通の歯ブラシでは3分以上、電動歯ブラシでも2分程度はかかりますが、正しく歯磨きをすることで虫歯や歯周病、口臭などの予防をすることができるようになります。